教育期間内に出来た友人は宝物。もし、連絡手段を無くしたら

小学校の中学校の義務教育期間や、その後の、高校、専門学校、短期大学、大学、大学院などに進学した時に出来た友人というのは、一生の宝物です。
どの時期でもそうですが、毎日良い事ばかりが、起きる訳ではありません。
我慢出来ないほど辛い事や、悲しい事、納得出来ない事、腹の立つ事など、嫌な事はたくさんあります。
そんな時、側で見守り、支えてくれる友人はありがたいものです。
時には、自分の事を顧みずに、状況を何とかしようと動いてくれたり、家族の様にケアしてくれます。
仮に、携帯電話を紛失したり、データが消えてしまったなど、友人と連絡をとる手段を無くしてしまっても今は、SNSなどの普及によって、割と簡単に本人を探したり、近い人に連絡を取る事が出来ます。
またそこから、交遊が始まるかもしれませんし、あの人はどうしているかなと思った人がいたら、SNSを使って探してみるのも良いかもしれませんし、お互いが成長した今だからこそ出来る付き合いもあって楽しいと思います。

sabu用置換

sabu用置換